【胃腸炎】 子供の下痢が治らない原因と対処法について

子供 胃腸炎

腸は身体の内臓器官で唯一意志を持つ臓器と言われます。長引く下痢は身体的及び精神的な過度のストレスが影響する可能性も考えられます。これは大人も子供も同じです。

ここでは、胃腸炎や子供の下痢が治らない原因・対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

胃腸炎の原因について

子供 胃腸炎

長引く下痢は【胃腸炎】とも言います。食あたりなど 原因が明確な場合は、病院に行って 適切な薬を処方してもらう事で回復します。冷たい物や過食が原因の場合は、お腹を温めてしばらく休養する事で治る可能性もあります。

先に記述したストレスを原因とする胃腸炎の対処法は一筋縄では行きません。まずはストレスの原因となる根本的な理由を探り、1つずつ解決して行きましょう。

子供の下痢が治らない時は?

子供 胃腸炎

子供の胃腸炎の対処法は、学校での生活等が原因の場合もある為、慎重に対処法を見つけなければいけません。本人に聞いても理由がはっきりしない場合は、学校に出向いて普段の生活で問題がないか確認し、学校にも協力依頼する事も必要になります。

子供が低年齢になる程、上手に悩みや困っている事を大人に伝えられないものです。焦らず、じっくり向き合って一緒に考える事が大切です。決して一方的にならず、感情的にならず、冷静に物事を分析し解決策を見出しましょう。

胃腸炎や下痢は病気が原因?

子供 胃腸炎

ストレスだけでなく、長引く下痢には大きな病が潜んでいる可能性もあります。学校生活も楽しい、家でも特に暗い顔を見せない子供の場合は、一度【精密検査】を受けてみると良いでしょう。

素人判断は本当の原因を見過ごしてしまうことになるので、1週間以上下痢が続き、10日経っても全く解消しない場合は小児科の受診をお勧めします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする